« 惜しい敗戦、いろいろ期待 | トップページ | 君子豹変 »

2015.11.24

維新電信

2015年11月21日(土)

IMG_1687

ラグビートップリーグ第2節。キヤノンイーグルスNTTドコモレッドハリケーンズと対戦する。

レッドハリケーンズとは、過去2勝1敗。

1 2011年 1月15日 7-38 トップチャレンジ1第1節 秩父宮ラグビー場
2 2012年 9月 1日 38-14 第1節 長居第2陸上競技場
3 2014年 9月20日 24-10 ファーストステージ第5節 秩父宮ラグビー場

トップチャレンジ1で敗れ、トップリーグへの昇格は1年先んじられたものの、トップリーグでは2連勝を記録している。中でも、2012年の試合は、イーグルスがトップリーグに昇格して最初の試合であり、ここでの勝利は印象に強く残っている。

会場は、山口市の維新百年記念公園陸上競技場。イーグルスにとっては2度目で、2013年 9月28日に近鉄ライナーズと対戦し、18対17で勝利を収めている。その時が、山口県でのトップリーグ開催は初めてだったとのことだが、昨年も開催されたとのことで、これで3年連続になるようだ。

イーグルス対レッドハリケーンズは第2試合で、第1試合はグループAのリコーブラックラムズ対ホンダヒートが行われる。ホンダヒートには、イーグルスがトップリーグに昇格する前に活躍したトマシソンゲタ、レメキロマノラヴァ(イーグルス在籍時代はロマノ=レメキ)の2選手がおり、この試合も見ておきたい。レメキロマノラヴァは、日本に帰化して7人制ラグビー日本代表の中心選手となり、先日のリオデジャネイロオリンピック予選でも活躍した選手である。

IMG_1682

東京から山口宇部空港への飛行機は、7時20分発のスターフライヤー11便が最も早く、山口宇部には9時05分に着く。そこから宇部線草江駅まで歩いて、新山口駅で山口線に乗り換えて、矢原駅から会場まで歩くのが一番安いはずなので、その行程を考えていたのだが、これでは開場時間に間に合わないことが判明した。ところが、調べてみると山口宇部空港から山口駅までのバスが、会場のそばを通り、停留所もあることが判明。新千歳空港から札幌駅へのバスが近くに停まる、札幌ドーム並みの便利さである。ということで、9時25分の中国ジェイアールバスに乗り、自動車専用道路を通って10時09分に競技場前停留所に到着した。イーグルスの受付開始が10時10分なので、ぴったりである。実際にすぐにテントに行ったら、しばらく待つようにと言われたけど。

IMG_1694

入場。前回は、雨が降っているので屋根があるメインスタンドに座ったが、どうしようかと思ったが、バックスタンドは段数、すなわち席数が少ないので、メインスタンドの自由席で、一番中央に近いところの前方に席を取る。陸上競技場で、トラックや走り幅跳びの施設があるので距離はあるが、それでもイーグルスのベンチがよく見えそうな場所だ。

IMG_1692
競技場前では、さまざまな食べ物が売られている。その右側では、大学のラグビー部による子供向けのゲーム。

IMG_1697
競技場内でも売られていた「長州ころころ丼」(600円)。ご飯の上に、炭火焼の鶏肉を載せただけのものだが、うまい。

 

IMG_1695
山口県ラグビーフットボール協会のフェイスブックに「いいね!」をした画面を見せた先着300円にもらえた、夏みかん味の「長州地サイダー」。現時点でも、「いいね!」をしているのは600名以下なので、ほぼ全員がもらえたのでしょう。

 

IMG_1715

そうこうするうちに、第1試合。トマシソンゲタは、イーグルス時代はNo.8だったが、今日は右ロック(5)。レメキロマノラヴァは右ウイング(14)でそれぞれ先発。後半25分にトマシソンゲタが、笑顔で右手を振り上げながらトライ。ボールを持ったら、まっすぐ突進して相手を跳ね飛ばす迫力は健在だった。イーグルス時代の童顔から、すっかりたくましくなったレメキも、トライこそなかったものの活躍。ホンダヒートが1度もリードを許さずに24対18で勝利。4期ぶりのトップリーグ復帰で、2012年 1月28日以来、トップリーグ4勝目を挙げた。

IMG_1719

いよいよ第2試合。イーグルスは1.東恩納、2.庭井、3.城、4.菊谷、5.宇佐美、6.アイブス、7.嶋田、8.トムソン、9.天野、10.橋野、11.小野澤、12.三友、13.ベネット、14.森谷、15ルルー。控えが16.金子、17.菅原、18.山路、19.日高、20.杉永、21.福居、22.林、23和田。

ルルーが控えから先発に回り、控えに新人林が入って、ボンドが外れている。同じく新人杉永は、メンバー発表後にロウと交替。すっかり先発に定着した東恩納に続き、杉永・林もこのチャンスを生かしてほしい。

対するレッドハリケーンズも、ルルーと同じ南アフリカ代表のエベン=エツベツが4、ハンドレ=ポラードが22に入っている。

IMG_1724

前半、3分にレッドハリケーンズがPGを決め、7分の三友のPGは失敗で0対3。その後はしばらく膠着状態になるが、イーグルスの防御は安定している。たまに相手に抜かれかけそうになるが、後ろからでも相手の足に手を掛けて動きを止め、そこに2人目が襲い掛かって倒すことにより、トライを許さない。最初のように、自陣での反則を抑えれば、簡単に得点されることはなさそうだ。スクラムやモールでも、優っている。

そして何と言ってもルルー。前節では、パスがうまくつながらなかったり、蹴りこまれたボールをイーグルス同士で争うような場面も見られたが、既にチームと一体となって能力をいかんなく発揮。走りやキックの攻撃はもちろん、防御でも自陣の後ろの方から一気に進んできて相手タックルし、さっと戻っていく、まさに「はやてのように現れて、はやてのように去っていく」動きを見せてくれた。

そのルルーが18分にゴール隅ぎりぎりに飛び込むが、わずかに押し出されたようでTMO(ビデオ判定)の結果トライ不成立。しかし、24分にラインアウトから菊谷がトライ!トライ後すぐに立ち上がり、後方にボールを投げ捨てるのが何ともかっこいい。三友のゴールも問題なく、7対3と逆転した。

その後、三友が2本のPG。2本目は、中央からの50mの鮮やかなキックだった。これで13対3と突き放す。そして、前半終了間際。レッドハリケーンズにゴール前まで攻め込まれるが、ボールを奪ってトムソンが一気に前進。タックルされるが、そのボールをルルーが受けて、80m近くを走りぬいてトライ!なんともはや…。20対3で前半を終えることになった。

IMG_1729

そうそう、試合前に投げ込まれるサインボール。すぐ前の少年がルルーのボールを捕ったので、写真を撮らせてもらいました。撮った直後は「15番でRが入ってるから五郎丸のじゃないか?」なんて言ってましたが、どんなにすごい選手のボールを捕ったのか、わかってくれたことでしょう。

後半すぐにレッドハリケーンズに攻め込まれ、トライかと思いきやTMOでなんとか不成立となるが、その後はまた攻勢。9分、ボールを持った橋野が、相手の間をうまくすり抜けてトライ!久しぶりに、橋野らしいトライを見ることができた。27対3。

しかし、このあたりから動きが鈍くなったわけではないのだが、攻め込まれる場面が目立つようになる。それでの防御は固いが、21分にスクラムを押し込まれて初トライを奪われ、27対10。

少なくとも、もう1トライして4トライの勝ち点1が欲しいが、なかなかトライにつながらない。しかし、終盤36分にスクラムのボールを、うまくトムソンが福居につなぎ、福居が巧みに走ってトライ!34対10。

その前に、出血した三友の交替でしばらく出ていた林が、改めて小野澤と交替してイーグルス初出場。そして、このトライ後に杉永も菊谷と交替して初出場となった。

最後、福居がシンビンで退場し、相手にトライされて34対17になってしまったが、とにかく勝ち点5。2試合で勝ち点6となり、トヨタ自動車ヴェルブリッツと並ぶが得失点差で3位。2連勝のヤマハ発動機ジュビロが1位、神戸製鋼コベルコスティーラーズが2位と、早くも先期の上位グループにいたチームが、上位を占める状態になっている。

IMG_1732

イーグルスの第3節は、大分市営陸上競技場でのコカ・コーラレッドスパークス戦。上位4チームは、第3節から第5節まで下位4チームとの対戦になるので、ここを落とすわけにはいかない。イーグルスも、4勝1敗、それも勝ち点5での勝利を重ねた状態で、最終2節の上位との対戦を迎えたいところである。

IMG_1735
マンオブザマッチは、ルルー。副賞として車海老が贈られ、外国出身選手たちがうらやましそうに(?)集まっていた。

 

IMG_1742

« 惜しい敗戦、いろいろ期待 | トップページ | 君子豹変 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20199/62744016

この記事へのトラックバック一覧です: 維新電信:

« 惜しい敗戦、いろいろ期待 | トップページ | 君子豹変 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ