« あの思い出の場所へ | トップページ | 惜しい敗戦、いろいろ期待 »

2015.10.04

対リコーは2年連続1勝2敗

2015年 9月18日(金)

IMG_0336

トップリーグのプレシーズンリーグ第3節。他の試合は、9月19日(土)に設定されているのに対して、キヤノンイーグルス対リコーブラックラムズだけは、その前日の金曜日に開催される。おかげで、土曜・日曜・休日で5連休となる9月19日~23日が、すべて利用できるのはありがたい。

このプレシーズンリーグは、基本的には前年のトップリーグ順位に従ってプールAからDに割り振られているのだが、一部が盛り上げのために入れ替えられている。そのうちの一つと思われるのが、イーグルスとブラックラムズ。「事務機ダービー」とか「複写機ダービー」とか「コピー機ダービー」とか、いろいろ言われているが、先期も1万人を超える観衆を集めた対戦である。

地下鉄銀座線の外苑前駅から、秩父宮ラグビー場方面に向かう通路には、上の写真のように「赤か黒か」「黒か赤か」というポスターがずらっと貼られている。

IMG_0338

ここ数日、天候がよくなかったが、朝の天気予報ではそれも午前中で、午後には雨が降らないのは確実。ということで、雨具の類は持ってこなかったのだが、昼の予報では一転雨に。しかたがないので、途中のコンビニでレインコートを買おうと思ったのだが、意外と売られていない。2軒回っただけだが断念した。

とりあえず、イーグルスのテントで入場券を受け取って、一般入場の列に並んだ時点では、雨は降っていない。観客席で傘を差すことはできないが、最後列では迷惑にならないだろう。ということで、バックスタンド最上段を目指すことにした。無事に、中央最上段を確保する。

IMG_0342

まずは売店へ。先期のカレーに続き、「ポムポムズ対決」が設定されている。ポムポムズとはジャガイモを上げたもので、ラグビーボールの形になっている。イーグルスの赤の唐辛子味、ブラックラムズの黒の胡椒味があり、その販売量を競おうというもの。もちろん赤を購入し、席に座ってさっそく食べる。味は悪くない。たぶん黒もおいしいと思うので、結果にかかわらず、両方常設にしてほしい。

IMG_0347

食べている間に行われていたのが、女子の7人制ラグビー。日本代表候補「サクラセブンズ」と、選抜メンバーによる「バーバリアンズ」の対戦。さすが、サクラセブンズが29対0で勝利した。

この頃、雨が降り始めた。小雨といえば小雨だが、傘を差す。ただ、このまま傘を差して観戦し続けるのは、覚悟していたことではあるが、やはり大変そう。ちょうど、メインスタンドの屋根の下にいる知人から、「1人なら座れる」との連絡があり、メインスタンドに移動することにした。通常のリーグ戦では、自由席で座れる屋根の下はほとんどないが、プレシーズンリーグは全席自由なのがありがたい。

IMG_0357

座った場所の近くに、こんな席があった。試合中に時々目をやると、時計を片手に何か細かく記録をしている。文字通り、レフリーの判断を評価しているのだろう。どうでもいいけど、片仮名なのに、下の英語とは全然違うんですね。

IMG_0353

試合前、キヤノン・リコー両社の社員による綱引き対決が行われた。ずっとキヤノンが優位に見えたが、終盤にリコーが力を出して勝利。なんとなく、リコーの方はちゃんと練習して作戦を考えてきた感じでした。

IMG_0350

肝心のラグビー。出場選手は1東恩納、2金子、3城、4宇佐美、5菊谷、6植松、7嶋田、8アダム=トムソン、9天野、10ダラン=マーフィー、11原田、12三友、13ティム=ベネット、14小野澤、15橋野。宇佐美・トムソン・ベネットは、今季初出場。

控えは16清水、17菅原、18上田、19湯澤、20杉永、21林、22マイケル=ボンド、23和田。新人は先発に2試合連続となる東恩納、控えに清水・杉永・林の3人が続けて入っている。

IMG_0363

試合は、両チームとも序盤から積極的に攻める展開。雨のためなのか先期ほどではないが、それでも多く入った観客の声も影響しているのかもしれない。もっとも、結局試合中には雨は降らなかった。

まず2分にブラックラムズのロトアヘアポヒヴァ大和がトライで7点先制するが、すかさず4分にベネットのトライで同点。その後、ブラックラムズがペナルティゴールで再び3点リードするが、三友良平が3連続でPGを成功させ、16対10で前半を終了する。3戦目で、今季初勝利となりそうな雰囲気だ。

ハーフタイムで「ポムポムズ対決」の結果が発表され、僅差だったが「赤勝利」。これで綱引きと合わせて1勝1敗。先期は、「カレー対決」「応援声量対決」でともに「黒」が勝ち、ラグビーで「赤」が勝った。今期も、2つ負けてもラグビーで勝てばいい、と思っていたのだが…。

IMG_0364

後半2分に、またもや三友のPGで19対10と点差を広げるが、18分・21分とブラックラムズにトライを奪われ、19対22と逆転されてしまう。この試合に勝たないと、リーグ戦3位に終わってしまうイーグルスは、終盤PGではなくトライを狙う姿勢を示すが、果たせず。結局そのままノーサイドとなり、7点差以内の勝ち点1は得たものの、リーグ戦3位以下が決まってしまった。

結局、リーグ戦3試合は1分2敗で、勝ち点は4。翌日の試合で、豊田自動織機シャトルズも同じ勝ち点4としたが、得失点差でイーグルスが上回り、リーグ3位でボウルトーナメントに進むことになった。

ボウルトーナメントに出場するのは、イーグルスの他、NECグリーンロケッツ・ヤマハ発動機ジュビロ・NTTコミュニケーションズシャイニングアークス。リーグ戦3位同士とはいえ、なかなかの強豪ぞろいだ。それでも、ぜひ2連勝してボウルトーナメントで優勝し、リーグ戦につなげてほしい。気になるのは、トライの少なさ。この3試合で4トライしかしていない。見る側としては、ぜひ4トライの勝ち点が付く勝利を期待したいところです。

« あの思い出の場所へ | トップページ | 惜しい敗戦、いろいろ期待 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20199/62411215

この記事へのトラックバック一覧です: 対リコーは2年連続1勝2敗:

« あの思い出の場所へ | トップページ | 惜しい敗戦、いろいろ期待 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ