« 2015年4月 | トップページ | 2015年9月 »

2015.05.07

初めての女子プロ野球

2015年 5月 2日(土)

DSC_0032

5連休の初日。いろいろ行きたいところがある中で、数年前から1度見たいと思っていた、女子プロ野球の試合を選択した。埼玉アストライアと、兵庫ディオーネの対戦である。

会場は、さいたま市営浦和球場。浦和駅からでも北浦和駅からでも、同じくらいの距離のようなので、浦和駅から歩く。約20分で到着。歩いている途中で、デジタルカメラを家に忘れてきたことに気付く。仕方がないので、スマートフォンで撮ることにするが、露出の調整を誤ってしまい、まともな写真がほとんど撮れなかった。

DSC_0027
「浦和市営球場」の碑があった。おそらく、浦和市が合併してさいたま市になったことにより、「さいたま市営浦和球場」に改称したのだろう。

 

DSC_0030

入場口付近には、飲食物を売る車が何台か来ている。ケバブや肉巻きおにぎり、たこ焼き等で、普通のおにぎりや焼きそば、フランクフルトの類はないが、とにかく食事に困ることはなさそうで一安心。

開場は11時30分だが、「TOMOクラブ」というファンクラブの会員は、11時00分から入場できる。会費は200円と格安なので、その場で入場しようかとも思ったが、先行入場の列の長さと、それ以外の人の人数から見て、さほどの混雑をすることはなかろうと見送り。1000円の入場券だけ買って、ぶらぶらと過ごす。

DSC_0033
DSC_0034

入場。缶とビンは持ち込み不可だが、ペットボトルは可能。また、半券を見せれば入退場は自由らしい。入場時に、埼玉アストライアの卓上カレンダーをもらった。

入場時は、兵庫ディオーネの打撃練習中。シートノックがあり、両チームの選手が観客と一緒にやる準備体操があり、先発とベンチ入り選手・監督・コーチの紹介があり、さいたま市長による始球式があった。清水市長は野球経験者のようだ。なお、会場にはアストライアのマスコット「アストライアちゃん」と、北海道日本ハムファイターズの2軍マスコット「カビー」が来ていた。

以下、自分のために試合経過を記録しておく。

先発投手は、アストライアが渚。2013年の防御率1位投手で、今季は5試合2勝1敗1完投。ディオーネは宮原臣佳。今季は2試合0勝0敗。

1回表。1番ショート厚ヶ瀬美姫はセンターフライに倒れるも、2番センター三原遥のゴロをサードがはじいて出塁。3番レフト川崎ひかるのところで盗塁して1死2塁。川崎は左中間に二塁打を放ち、ディオーネが先制。さらに新人の4番キャッチャー寺部歩美が三塁打で2点目。5番セカンド石塚ちづるはセンターに犠牲フライで3点。6番ファースト田中朋子のファーストフライで、ようやくチェンジとなった。渚は、遅い変化球を川崎・寺部に狙い打たれた。

1回裏。1番セカンド中野菜摘がセカンドゴロに倒れた後、2番センター三浦由美子が背中への死球で出塁。3番ファースト大山唯のセカンドへの安打で1死1・2塁。4番ショート川端友紀のところで、キャッチャーが投球をはじいてしまい1死2・3塁。川端四球で1死満塁。5番指名打者萱野未久はセンター前ヒットで1点を返すが、6番ライト楢岡美和のショートライナーをサードに転送されて併殺。1対3で1回を終えた。

2回表。7番新人の指名打者太田あゆみのゴロにサードがよく飛びついてアウト。8番サード川口亜祐美は、低めの球をすくい上げて右中間に三塁打。9番ライト橋本ひかりは三塁方向にバントするが、川口はとどまったままで2死3塁。しかし1番厚ヶ瀬がファーストの頭上を越える二塁打で、4対1とリードを広げる。2番三原はセカンドゴロでチェンジ。

2回裏。7番サード山崎まり、8番キャッチャー今井志保と続けてショートゴロ。9番レフト岩谷美里が三遊間へのヒットで出塁するが、1番中野はセカンドゴロ。両チーム通じて初めて0点となった。

3回表。アストライアの投手は渚から大田秀奈美に交替。2013年の最多勝利投手で、ここまで4試合2勝2敗3完投2完封。3番川崎はショートゴロに倒れるが、4番寺部はストレートの四球。5番石塚はバントで送って2死2塁。6番田中はすくい上げてライトフライで、ディオーネも初の無得点だった。

3回裏。2番三浦ライトゴロ。金属バットで打球が早く、外野手が浅く守る女子野球では、このライトゴロが一つの見どころであるらしい。3番大山セカンドゴロ。4番川端はストレートの四球を選ぶが、5番萱野のゴロをショート厚ヶ瀬が滑り込んで捕り、セカンドへトスしてアウトとなった。

4回表。7番太田はセカンド正面へのゴロ。8番川口はライト定位置へのフライ。9番橋本はセカンドゴロ。両チーム通じて、初めての三者凡退となった。

4回裏。6番楢岡はタイミングを外されて空振り三振。7番山崎はライトゴロ。8番今井はショートゴロと、こちらも三者凡退。

5回表。1番厚ヶ瀬の当たりを、サードが飛びついて止めるが、投げられずにヒット。厚ヶ瀬はきょう2本目。2番三原はバントの構えをするが四球で無死1・2塁。3番川崎が送って1死2・3塁。ここで4番寺部の当たりがセカンド後方へのポテンヒットとなり、1点追加で5対1。寺部は今日2打点目。取れそうなのに躊躇したためか、アストライアのセンター三浦が新人岩見香枝に交替となった。1死1・2塁となり、5番石塚はバントで2死2・3塁。6番田中への2ストライクからの投球を捕手がはじいたかと見えたが、空振り三振でチェンジとなった。

5回裏。9番岩谷は大きなセンターフライ。1番中野は3ボールになるが結局空振り三振。今日初打席の岩見はサードフライで、2回連続の三者凡退。

6回表。投手は中島梨紗に交替。今季は3試合0勝1敗。7番太田はサードライナー。8番川口は、背中への四球で出塁。9番橋本はピッチャー前へのバントで2死2塁とするが、1番厚ヶ瀬のファーストゴロを大山が自分で踏んでチェンジ。

6回裏。ディオーネ投手は先発宮原から里綾実に交替。一昨年・昨年と2年連続最多奪三振で、今季は5試合1勝3敗1完投。3番大山は一二塁間へ今日2本目のヒットで出塁。しかし、4番川端のセカンドゴロが4-6-3の併殺打となる。5番萱野は外角球で空振り三振。

7回表。2番三原はライトオーバーの三塁打。3番川崎はショートゴロ。4番寺部のサードゴロで、飛び出していた三原にタッチされ2死1塁。5番石塚の二遊間安打で1・2塁とするが、6番田中のセカンドゴロをショートに送って追加点はならず。

7回裏。この回が最終回となる。延長は9回までとのこと。サードが山崎から松永栞に交替。4点を追うアストライアだが、6番楢岡は内角を見逃し三振。7番山崎がショートを越えるヒットで出塁。8番今井のゴロをショートがはじくが、ファーストに送ってアウト。9番岩谷に代わって佐藤千尋が打席に立つが、セカンドゴロで試合終了。ディオーネが5対1で勝利となった。

DSC_0049

試合後、勝ったチームは全員でダンスを踊る。三角形で、先頭には今季初勝利の宮原臣佳。このダンスを、負けたチームはベンチ前に整列して見る。

DSC_0051

ヒーローインタビューを「ヒロイン」と略されているのを見ることがあるが、ここでは正真正銘の「ヒロインインタビュー」。勝ち投手の宮原と、2安打2打点の寺部。

IMG_20150502_0002

出口では、選手が見送ってくれます。その時にもらえる「また来てねカード」。川保麻弥って……監督やん。

 

« 2015年4月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ