« 6年ぶりの駒沢で、第2ステージ初黒星を喫す | トップページ | 青・緑・赤・黄 »

2014.12.20

またもや雪のヴェルブリッツ

2014年12月14日(日)

IMG_6255

ラグビートップリーグ第2ステージ第3節。キヤノンイーグルスは、岐阜市にある岐阜メモリアルセンター長良川競技場で、トヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦した。

新幹線を使えば、十分に日帰り圏内ではあるが、第2ステージの他の試合はすべて関東地方(山梨県を含む)での開催ということもあり、せっかくなので名古屋で前泊した。名古屋からは、名鉄を使って岐阜へ。天気予報では雪だったが、特にそのような気配は感じられない。ところが、木曽川を渡って岐阜県に入ると、さっきからにぎやかだった女の子の集団が「雪だ、雪だよ」と、さらににぎやかになり、車窓には確かに雪。岐阜市内に入るとだんだんと周りが白くなり、時々見える金華山は雪山の風情になった。

ただ、10時15分頃に名鉄岐阜駅に降りた時はちらちらと舞っていた雪だが、傘が必要なほどではない。かと言って、周囲を散策する感じでもない。暖かいものでも食べたいところだが、朝は名古屋でモーニングを食べてきたので、食事をするには早過ぎる。なんにせよ中途半端なので、競技場へのバスがそれなりの頻度であることを確認し、長良橋通りの舗道に屋根があるのをいいことに、とりあえず歩き始めることにした。

IMG_6218

だらだらと歩いているうちに、結局長良川畔までたどり着き、対岸に長良川競技場と長良川球場のものらしき照明灯を臨む。ただ、この頃から雪が降り始めた。水のきれいな長良川を、金華橋で渡るうち、どんどんと降り始め、渡り終えた頃には傘を差さざるを得なくなった。

IMG_6233

1時間強かけて、岐阜メモリアルセンターに到着。サンサンデッキという名の高架通路を進み、長良川球場を右に見て、路面に埋め込まれた照明に2度ほど滑りながら、長良川競技場に到着。周辺には、屋根のある場所がないので、みんな競技場の観客席がせり出した下で、充分ではないが雪を避けている。競技場前に、入場待ちの列を作るための看板はあるのだが、だれも並んでいない。

IMG_6239

開場12時00分の10分ほど前、どうせ雪はかかるのだからと、列の先頭に並んでみた。ちょっとすると、警備員のおじさんが「みんなが並んでしまったんで、あっちになるみたいですよ」と、さっきまでいた「せり出し下」を指差すので、そちらに戻る。またしばらくすると、案内のお兄ちゃんが「入場列はあちらです」というので、やっぱり看板のところへ。既に人がいたので先頭ではなくなったが、どうこう言うほとではない。こういう時、臨機応変の対応をするというのはなかなか大変だ。

IMG_6242

無事に、中央席横の屋根のある部分を確保。椅子は濡れているが、拭くほどではない。売店で売られていた「味噌カツサンド」と暖かい缶コーヒで昼食。

IMG_6245
ヴェルブリッツの「ライガー君」は来ていたが、「イーグル君」はお休みらしい。さすが2億7万年くらい生きているマスコットは違う。どうでもいいが、2億7万歳って、20007万歳。妙に半端ですね。

IMG_6246
試合前の選手紹介。菊谷崇は「きくや たかし」と紹介されてました。

IMG_6249

試合が始まる頃には、ますます雪が強くなる。思い起こせば、初めてヴェルブリッツと対戦した一昨年の徳島県鳴門市のポカリスエットスタジアムは、試合開始直前まで雪。2度目になる今年1月の西京極総合運動公園も雪。3度目の8月は大雨。そして今日の大雪。1度ぐらいは、好条件の下で戦っているのを見たいものだ。

IMG_6251

試合はやはり雪の影響か、両チームともボールが手に着かない場面が目立つ。芝生もかなり滑るだろう。雨天の試合は時々あるし、練習も積んでいると思うが、雪と雨ではまた滑り方も違うような気がする。見ている方も、写真のような大粒の雪なので、雪とボールの区別がつきにくく、かなり見にくい試合になった。

やはりキックを多用する展開となり、まずヴェルブリッツのキャメロン=マッキンタイアーが、長いペナルティゴール(PG)を成功させる。しかし、イーグルスも三友良平のPGで同点。さらにマッキンタイアー、三友がPGを成功させ、6対6で前半を終了した。これで三友は、21連続ゴール成功。

後半も、両チームが攻め、防ぎ、いずれもトライを許さない状況が続く。しかし後半20分、イーグルス陣内でのヴェルブリッツボールのラインアウトは、ノットストレートでイーグルスにアドバンテージが出たように見えたが、ヴェルブリッツがパスを繋いでトライ。ゴールは失敗したので、トライを返せばイーグルス逆転の状態が続いたが、残り10分を切ってからPGを決められ6対14。そこからも相手ゴールに迫るが、トライまでには至らず。ノーサイド間近と思われた(電光掲示板には、試合経過の時計がなかった)時点のヴェルブリッツの反則で、PGを選択し、まったく時間をかけずに蹴った三友が22連続ゴールを成功させて5点差とするが、そこで無情のホーンが鳴る。

勝ち点1を獲得し、後半0点で大差をつけられた前試合の影響は見られなかったが、ヴェルブリッツ相手には、またも僅差の敗戦となった。

これで、イーグルスの第2ステージは1勝2敗の勝ち点7で7位。残る4試合は、昨シーズン4強との連戦となるが、ぜひ1勝と言わず、2勝、3勝と狙ってほしい。まずは第1ステージ3点差で敗れたサントリーサンゴリアス戦だ!

« 6年ぶりの駒沢で、第2ステージ初黒星を喫す | トップページ | 青・緑・赤・黄 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20199/60840279

この記事へのトラックバック一覧です: またもや雪のヴェルブリッツ:

« 6年ぶりの駒沢で、第2ステージ初黒星を喫す | トップページ | 青・緑・赤・黄 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ