« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014.12.28

町田はイーグルスの街だった

2014年12月28日(日)

IMG_6348

ラグビートップリーグ第2ステージも第5節。残すところ3試合となった。ここまで勝ち点8(1勝2敗)でA組7位のキヤノンイーグルスは、町田市立野津田公園陸上競技場東芝ブレイブルーパスと対戦する。

前節と違って、最寄りの小田急小田原線鶴川駅からはバスが頻繁に出ると告知されている。拙宅から鶴川駅へは、東急大井町線からJR南武線、小田急と乗り継ぐのが普通だが、今回は家を早めに出て、東急田園都市線で長津田駅まで行き、JR横浜線から町田で小田急に乗り換えることにした。その理由が、上の写真。前日、トップリーグのフェイスブックで町田駅の様子を知り、実際に見てみたくなったのだ。

IMG_6350

イーグルスの練習場であるキヤノンスポーツパークが町田市小野路町にあるということで、以前から町田市の広報でイーグルスの記事が掲載されたりしているとは聞いていたが、ここまで力強く推されているとは思わなかった。所有企業の社員だけではなく、チーム地元の人達をファンとして引き込むことがトップリーグとしても重要な課題であるはずなので、ぜひイーグルスもそういう方向に進んでほしいものだ。ただ、キヤノンスポーツパークがあるのは町田市のはずれであり、最寄り駅が多摩センター(東京都多摩市)となっているので、どこまで市民に「町田のチーム」として親しまれるのだろうか、という気もないではないが…。

IMG_6352

鶴川駅を降りると、バス乗り場の案内図にちらしは貼られているが、野津田公園行きのバスが出るのが、何番乗り場かの案内はない。サッカーのFC町田ゼルビア(J3所属)の試合時用の看板はあるので、それと同じなのだろうが、と思っていると。

IMG_6353

なんと、幟を持ったおじさんたちが登場。高齢者のボランティアだろうか。イーグルスの試合もそれなりの数を見ているが、こんなことは初めてのはずだ。

IMG_6354

バスは11時00分から12時35分まで5分間隔の20本。前節の2本とは大違いだ。

IMG_6357

バスは神奈川中央交通の運行。鶴川駅から、野津田公園まで直行で運賃230円(ICカード使用時は227円)で、小人は冬休み期間中は50円らしい。始発は11時00分だが、15分ほど前にはすでに乗車待ちの列ができており、10分ほど前にはバスがやってきた。定刻に発車し、片側1車線の鶴川街道はやや混んでいたが、予定された15分で野津田公園の駐車場に到着。まだ公園の入り口で歩くのかと思ったが、目的地の陸上競技場はすぐそばだった。

IMG_6360

陸上競技場のそばでは、「ラグビー歳の市」ということで、いろいろな飲食物のテントが並んでおり、イーグルスとブレイブルーパスのテントもその中にあって目立たない。ほどなく受け付けが始まったので、入場券を入手。

IMG_6368

選手とのじゃんけん大会もあるが、対象は子供だけ。山本貢なんて、こわくないのかな。

IMG_6365

飲食物テントでは、町田・デザイン専門学校の建築学科学生有志によるやきそばととん汁を購入。建築学との関係は不明だが、おいしゅうございました。

IMG_6375

さて入場。写真の通り、バックスタンドは席が10段しかないので、すぐにいっぱいになってしまう。いつもは中央の上の方に座るのだが、10段だと上も下も差がないので、空いていた真ん中あたりを選択。おかげで、試合を近くで見ることができた。

IMG_6379

こんな感じで、うろうろしているうちに試合開始。前にも書いたとおり、いつも僅差で敗れているブレイブルーパス戦。全勝なしという混戦の上位陣に更なる波乱を巻き起こすとともに、自らの順位を上げることができるかどうか。

メンバーには、和田拓キャプテンが14番に復活!前節15番のマイケル=ボンドが10番となり、森谷直貴が15番に戻った。控えには今期未出場の上田聖・菅谷優と、髙城良太が入った。

序盤、双方のペナルティゴールで3対3とするが、前節同様ボールを持たれる時間が長い、苦しい展開。それでも簡単にはトライを許さないのも、前節と同じ。前節のような、個人力による突破も防ぐが、ついに20分にトライを与えてしまう。3対10。しかし24分、粘り強い攻撃からアダム=トムソンが抜け出して6試合ぶりのトライ!ぎりぎりの位置からのゴールを三友良平が決めて、10対10に戻した。しかし、その直後にまたトライされてしまい、結局10対17で前半を終えた。

IMG_6382

ハーフタイムには、川崎市の「チアリーディングチーム レグラス」が、イーグルスのTシャツを着て登場。短い時間だったが、華やかな演技で楽しませてくれた。

IMG_6384

後半は20分まで両チーム無得点で10対17のまま。しかし、ブレイブルーパスのスクラムの強さもあり、20分・30分にトライを許してしまう。逆にイーグルスは、なかなか攻め込む場面が作れず、結果的に無得点。10対31の敗戦となった。

それにしても今日の試合では、右隣と後ろにラグビーに詳しいのであろう高齢の男性がいて、イーグルスのファンではあるのだろうが否定的な言葉が多く、観ていて楽しめなかったのが残念だった。

IMG_6388

さて次節は、年明け恒例のパナソニックワイルドナイツとの戦い。先期第1ステージでの勝利の再現を、ぜひ見せてほしいものだ。

 

IMG_20141228_0001

2014.12.23

青・緑・赤・黄

2014年12月21日(日)

IMG_20141223_0001

東京06時53分発の快速高尾行きから、高尾駅で甲府行きに乗り継ぎ、甲府09時51分着。10時01分発の身延線市川大門行きに乗り換えて、10時19分駅に甲斐住吉駅に着いた。

山梨県小瀬スポーツ公園は、公共交通で行くには不便な場所にある。甲府駅からは山梨交通のバスが出ているが、1日わずか6本。うち3本は土休日運休では、利用するのは極めて困難と言わざるを得ない。徒歩10分の山城小学校停留所になると多少本数は増えるが、それでも土休日は11本(小瀬スポーツ公園行きの3本を含む)である。今日はラグビートップリーグの試合開催日と言うことで、シャトルバスが出るとのことだが、時刻・本数や乗り場の情報は見当たらない。

IMG_6300

ということで、天気が良いこともあり、いちおう最寄りの甲斐住吉駅から歩くことにした。グーグルマップによると、距離は2.8km、所要34分なので、先週の岐阜メモリアルセンター長良川競技場よりは近い。身延線には、高校生ぐらいの若い男女が多数乗っていたが、この駅で降りたのは自分を含めて2、3人だった。

途中は、想像していたより住宅街。道には自動車が頻繁に走っているので、細い道に入ると小さな車によく出会い、なかなか歩きにくい。「㓛刀」という表札が目立つが、「くぬぎ」と読むらしく、漢字も読みも珍しい。25分ほど歩くと、ようやく照明灯が見え始め、グーグルマップ通り40分弱で、小瀬スポーツ公園の陸上競技場山梨中銀スタジアムに到着する。

IMG_6310

まだ試合開始には2時間ほどあるが、9時30分から小学生のラグビースクールの試合が行われているので、すぐに入場することができた。バックスタンド最上段に陣取ると、地方が山に囲まれた、気持ちの良い競技場だ。

IMG_6311
バックスタンドから正面には南アルプス。


IMG_6312
バックスタンドの裏側。


IMG_6315
右方向には八ヶ岳。

IMG_6323

11時50分からは、女子中学生の日本代表強化選手「関東ユース」による7人制の試合が行われる。選手のみならず、審判・ヘッドコーチもすべて女性。選手の紹介や、試合中の放送も、次のトップリーグと同じアナウンサーにより行われており、選手にとってはうれしいのではないだろうか。なかなか見ごたえのある試合だった。

IMG_6327

さて、いよいよキヤノンイーグルスサントリーサンゴリアス。サントリーは、山梨県内に白州蒸留所(北杜市)・登美の丘ワイナリー(甲斐市)・天然水南アルプス白州工場(北杜市)と有し、山梨県を「第2のホーム」としているようだが、観客数は互角か、イーグルス側が多いよう見える。

サンゴリアスは、第2ステージに入って2戦目に神戸製鋼コベルコスティーラーズに敗れたものの、第3節で2連勝の東芝ブレイブルーパスを破って3位につけている。対するイーグルスは、第3節で初出場を果たしたルーキー嶋田直人が7番で初先発。ずっと出場を続けてきたキャプテン和田拓の代わりに14番に森谷直貴が回り、15番にマイケル=ボンドが入っている。控え22番には、サンゴリアスから移籍してきた小野澤宏時が、イーグルスで初めてメンバー入りした。和田がいないので、ゲームキャプテンは3番城彰となっている。

IMG_6335

青い空、緑の芝生、赤と黄色のジャージと、色鮮やかな試合が始まった。開始0分、いきなりサンゴリアスのスカルク=バーガーがトライ。ボールをゴール内に蹴り込み、イーグルスが先に追いついたかと見えたが、巧みにバウンドを合わせてトライとした。さらに10分にもトライ。17分に三友良平がペナルティゴールを狙うが、23回ぶりの失敗で、前半20分までは0対12の劣勢だった。

しかし、前半23分にマイケル=ボンドがトライ!イーグルスにとっては、第2節ヤマハ発動機ジュビロ戦の前半以来、久しぶりのトライとなる。しかし、前半終了間際にサンゴリアスに攻め込まれ、あと少しと言うところでしのぎ切れずにトライを奪われる。結局、7対19で前半終了。

とにかく、やはりサンゴリアスは1人1人が強く、ボールを持った選手は、必ず少しでも前進をする。さらに、ボールを支配している時間も長い。それでありながら、よく我慢しているイーグルスもさすがだが、ちょっとした隙が相手のトライに結びついているようだった。

IMG_6339

後半も、開始早々にサンゴリアスがトライで7対26。しかし、この日のイーグルスは、ここから粘りを見せた。12分に三友が自らのトライとゴールで14対26とすると、17分に長駆のボンドをフォローした島田が、トップリーグ初トライ!21対26と、1トライ1ゴールで逆転できるところまで迫る。

しかし、さすがはサンゴリアス。ツイヘンドリックが、片足にタックルされながらもけんけんで引きずりトライ。さらに、松島幸太朗が見事な脚を見せてトライで、21対40と引き離されてしまう。だが、カール=ロウのトライで4トライの勝ち点を5試合ぶりに得る。そして、三友が下がったので、原田季郎がトップリーグ初ゴール。サンゴリアスには、もう1トライ加えられて28対47の敗戦となったが、残り3試合に期待が持てる試合だったと思う。

この試合、連続記録は途絶えたものの、1トライ3ゴールで11得点の三友は合計117得点とし、ヤマハ発動機ジュビロの五郎丸歩に4差で2位になった。

毎週試合が続く第2ステージの第5節は、12月28日(日)13時00分から、トップリーグ初会場となる町田市陸上競技場で、3試合連続6点差以下で敗れている東芝ブレイブルーパス戦。小田急鶴川駅からバス出ますよ。

IMG_6343
帰りは、2本しかないシャトルバスに乗りました。

2014.12.20

またもや雪のヴェルブリッツ

2014年12月14日(日)

IMG_6255

ラグビートップリーグ第2ステージ第3節。キヤノンイーグルスは、岐阜市にある岐阜メモリアルセンター長良川競技場で、トヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦した。

新幹線を使えば、十分に日帰り圏内ではあるが、第2ステージの他の試合はすべて関東地方(山梨県を含む)での開催ということもあり、せっかくなので名古屋で前泊した。名古屋からは、名鉄を使って岐阜へ。天気予報では雪だったが、特にそのような気配は感じられない。ところが、木曽川を渡って岐阜県に入ると、さっきからにぎやかだった女の子の集団が「雪だ、雪だよ」と、さらににぎやかになり、車窓には確かに雪。岐阜市内に入るとだんだんと周りが白くなり、時々見える金華山は雪山の風情になった。

ただ、10時15分頃に名鉄岐阜駅に降りた時はちらちらと舞っていた雪だが、傘が必要なほどではない。かと言って、周囲を散策する感じでもない。暖かいものでも食べたいところだが、朝は名古屋でモーニングを食べてきたので、食事をするには早過ぎる。なんにせよ中途半端なので、競技場へのバスがそれなりの頻度であることを確認し、長良橋通りの舗道に屋根があるのをいいことに、とりあえず歩き始めることにした。

IMG_6218

だらだらと歩いているうちに、結局長良川畔までたどり着き、対岸に長良川競技場と長良川球場のものらしき照明灯を臨む。ただ、この頃から雪が降り始めた。水のきれいな長良川を、金華橋で渡るうち、どんどんと降り始め、渡り終えた頃には傘を差さざるを得なくなった。

IMG_6233

1時間強かけて、岐阜メモリアルセンターに到着。サンサンデッキという名の高架通路を進み、長良川球場を右に見て、路面に埋め込まれた照明に2度ほど滑りながら、長良川競技場に到着。周辺には、屋根のある場所がないので、みんな競技場の観客席がせり出した下で、充分ではないが雪を避けている。競技場前に、入場待ちの列を作るための看板はあるのだが、だれも並んでいない。

IMG_6239

開場12時00分の10分ほど前、どうせ雪はかかるのだからと、列の先頭に並んでみた。ちょっとすると、警備員のおじさんが「みんなが並んでしまったんで、あっちになるみたいですよ」と、さっきまでいた「せり出し下」を指差すので、そちらに戻る。またしばらくすると、案内のお兄ちゃんが「入場列はあちらです」というので、やっぱり看板のところへ。既に人がいたので先頭ではなくなったが、どうこう言うほとではない。こういう時、臨機応変の対応をするというのはなかなか大変だ。

IMG_6242

無事に、中央席横の屋根のある部分を確保。椅子は濡れているが、拭くほどではない。売店で売られていた「味噌カツサンド」と暖かい缶コーヒで昼食。

IMG_6245
ヴェルブリッツの「ライガー君」は来ていたが、「イーグル君」はお休みらしい。さすが2億7万年くらい生きているマスコットは違う。どうでもいいが、2億7万歳って、20007万歳。妙に半端ですね。

IMG_6246
試合前の選手紹介。菊谷崇は「きくや たかし」と紹介されてました。

IMG_6249

試合が始まる頃には、ますます雪が強くなる。思い起こせば、初めてヴェルブリッツと対戦した一昨年の徳島県鳴門市のポカリスエットスタジアムは、試合開始直前まで雪。2度目になる今年1月の西京極総合運動公園も雪。3度目の8月は大雨。そして今日の大雪。1度ぐらいは、好条件の下で戦っているのを見たいものだ。

IMG_6251

試合はやはり雪の影響か、両チームともボールが手に着かない場面が目立つ。芝生もかなり滑るだろう。雨天の試合は時々あるし、練習も積んでいると思うが、雪と雨ではまた滑り方も違うような気がする。見ている方も、写真のような大粒の雪なので、雪とボールの区別がつきにくく、かなり見にくい試合になった。

やはりキックを多用する展開となり、まずヴェルブリッツのキャメロン=マッキンタイアーが、長いペナルティゴール(PG)を成功させる。しかし、イーグルスも三友良平のPGで同点。さらにマッキンタイアー、三友がPGを成功させ、6対6で前半を終了した。これで三友は、21連続ゴール成功。

後半も、両チームが攻め、防ぎ、いずれもトライを許さない状況が続く。しかし後半20分、イーグルス陣内でのヴェルブリッツボールのラインアウトは、ノットストレートでイーグルスにアドバンテージが出たように見えたが、ヴェルブリッツがパスを繋いでトライ。ゴールは失敗したので、トライを返せばイーグルス逆転の状態が続いたが、残り10分を切ってからPGを決められ6対14。そこからも相手ゴールに迫るが、トライまでには至らず。ノーサイド間近と思われた(電光掲示板には、試合経過の時計がなかった)時点のヴェルブリッツの反則で、PGを選択し、まったく時間をかけずに蹴った三友が22連続ゴールを成功させて5点差とするが、そこで無情のホーンが鳴る。

勝ち点1を獲得し、後半0点で大差をつけられた前試合の影響は見られなかったが、ヴェルブリッツ相手には、またも僅差の敗戦となった。

これで、イーグルスの第2ステージは1勝2敗の勝ち点7で7位。残る4試合は、昨シーズン4強との連戦となるが、ぜひ1勝と言わず、2勝、3勝と狙ってほしい。まずは第1ステージ3点差で敗れたサントリーサンゴリアス戦だ!

2014.12.06

6年ぶりの駒沢で、第2ステージ初黒星を喫す

2014年12月 6日(土)

IMG_6034

キヤノンイーグルスの、トップリーグ第2ステージ第2戦は、駒沢陸上競技場でのヤマハ発動機ジュビロ戦。

にも書いたとおり、イーグルスのこの会場での試合は、2009年1月25日に行われたトップイーストの入替戦であった秋田ノーザンブレッツ戦以来、5年11か月ぶりとなる。この試合で敗れたイーグルス(当時は「イーグルス」という名前ではなかったが)は、いったんは昇格の夢を断たれたものの、トップイーストが11チームの「トップイースト11」から1チーム増やすことになったために、幸いにも昇格することができたのだった。その後、3年でトップリーグに上がり、今年がトップリーグ2年目になるのである。

せっかくなので、その試合のメンバーを書いておこう。

1 山路 泰生
2 丸尾 拓也
3 小沼 公二
4 下瀬 央輔
5 セネ・タアラ
6 前田 貴洋
7 小野瀬 辰徳
8 ロバート・ロバートソン
9 後藤 隆志
10 向山 裕人
11 東海林 謙二
12 今井 通
13 櫻井 滋人
14 新井 光
15 栗原 聖
16 上西 尭之
17 満田 竜介
18 下村 健
19 林 哲郎
20 秋本 敬太
21 タイ・グラッシー
22 弥富 義博

先発している山路泰生が、今日のジュビロ戦でも控えではあるがメンバーに名を連ねているのは、驚異的と言っていいのかもしれない。残念ながら、私はこの試合は観に行っていない、というか、自分がラグビーの試合を見に行くことなんて、ほとんど考えていなかった頃のことである。

IMG_6032

その駒沢陸上競技場には、自由が丘から渋谷駅行きの東急バスでやってきた。バスを降りてから気付いたが、この公園には会社の友人達との花見で1度来たことがある。同行していた友人の中学生の子息に、因数分解の問題の解き方を教えてくれと言われて、面倒なので2次方程式の解の公式をつかって解いてしまったら、「どうしてそんな公式が成り立つのか」と、その証明を求められて難儀したことを思い出した。

IMG_6036

バスを降りて、競技場の外周を1/3ほど歩いて正面に着き、ファンクラブのテント(外周の柵をうまく使って設置されている)で入場券を入手。バスからバックスタンドの入り口が見えたので、そこから入ろうと歩きだしたが、見つからずに競技場の外周を1周(実は入り口は2階にあった)。入場してから、席に着くまで競技場内を半周。何か腹の足しになるものを買おうと、競技場内を半周。売店はあるようだが、閉まっていたので席まで競技場内を半周した。全部で2周と1/3。400mトラックのある競技場だから、少なく見積もっても1.5kmは試合前に歩いたようだ。ちなみに、売店はおろか自動販売機もなく、入手するためにはいったん外に出る必要があるようだ。来年1月4日にも来るはずなので、その時にはちゃんと準備してこよう。

IMG_6037

それにしても、よい天気。気温は低めだが、日当たりが良いのでさほど寒さを感じない。日向ぼっこ気分で座っているうち、試合開始が近づいてくる。今期は、ほとんど先発メンバーに変化のないイーグルスだが、今日はフッカーから山本貢が外れ、ルーキー庭井祐輔が初先発、金子大介が控えとなった。山本は、前節のNTTコミュニケーションズシャイニングアークスで、ラインアウトで立て続けに失敗し、前半27分で退いていたが、どこか調子が悪いのだろうか。

IMG_6048

試合は、2分でジュビロがあっさりトライ。三友良平と並んで、首位と5点差で得点ランキング2位につける五郎丸歩だが、ここは外して0対5。しかし、その三友がすかさずペナルティゴール(PG)を決め3対5。18分にルーキー森谷直貴が、今期2本目のトライで8対5と逆転し、ゴールも決まって10対5。この時点で、三友は得点ランキング首位に並んだ。五郎丸のPGで10対8と迫られるが、三友の19連続ゴール成功となるPGで13対8とした。

前半は、両チームの攻め合い、守り合い。芝生の関係か、ジュビロの選手が2度ほど滑る場面はあったが、目立ったミスは共になかった。ジュビロのスクラムやモールの強さは感じるが、イーグルスもよく耐えしのぐ。特に、前半終了間際のイーグルスのゴールライン近くでのスクラムは、がっぷり四つ。時間の長い、思わず手に汗握るスクラムだった。その後、ジュビロに反則があってホーンが鳴るが、イーグルスは蹴り出さずに攻めていく。逆にジュビロがボールを蹴り出し、前半終了。この積極姿勢だと、後半にも期待できそうだ、と、ハーフタイムには思っていた。

IMG_6051

残念ながら、後半は無得点に抑えられ、結果は13対36。後半1分のトライで逆転されたことにより、何かが狂ってしまったのだろうか。昨季の第2ステージで、終了間際の逆転トライを喫したのと同じように、ドライビングモールからのトライもやられてしまった。焦りからか反則も増え、シンビンによる退場者も出してしまった。結局、今期は敗れても7点差以内に抑えて得ていた勝ち点もなしとなった。

しかし、三友の足は好調を維持。得点ランキングも、ゴールを重ねた五郎丸に首位は譲ったものの、出番のなかった東芝ブレイブルーパスの小川高廣を抜いて単独2位となった。次節12月14日のトヨタ自動車ヴェルブリッツ戦は、第2ステージ唯一の遠方である岐阜県での試合。ヴェルブリッツの本拠地愛知県は、吉良上野介の領地のあったところでもあり、しっかり討ち入ってくることにしましょう。

IMG_6040

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ