« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014.11.29

キヤノンイーグルス首位に立つ!

2014年11月28日(金)

IMG_6654

ラグビートップリーグの第2ステージが開幕。前半3位で上位のグループAに入ったキヤノンイーグルスは、秩父宮ラグビー場で同4位のNTTコミュニケーションズシャイニングアークスを35対11で下し、首位に立った。

まあ、この日は1試合しかなかったので、勝てば首位になるのは当然で、特に騒ぐほどのことではないという人が大半だろう。だが、こういう事例もある。プロ野球の横浜DeNAベイスターズは、昨年3月に2勝1敗で2007年以来の「月間勝ち越し」だった。その時は、ほぼ冗談として「月間勝ち越し」が話題になったのだが、7月には1か月戦って勝ち越し。そして今年は5・7・8月と、3度も月間勝ち越しをしている。つまり、3月のたった3試合でも勝ち越したのいうのは、実力の付いたひとつの印だったのだ。

それと同じく、イーグルスの今後にとって、幸先の良い「首位」と言ってよいのではないか。ともかく、どんな形であろうと、イーグルスにとってトップリーグ初めての首位であることは間違いない。たとえ、翌日の他チームの試合が終わるまでのことであっても、ここは首位を無邪気に喜んでおこうではありませんか。

IMG_6659

その、首位につながる勝利に導いてくれたのは、三友良平。7つのペナルティゴール(PG)と2つのコンバージョンをすべて決め、35点中25点をたたき出した。これで、得点ランキングで首位!特に後半、ゴールポストと観ていた席のほぼ途中、右のタッチライン近くから蹴ったPGは、行ったん外れたかと思わせておきながら、きれいに右に曲がってゴールポストを通過するという、実に美しいものだった。

その後、逆のタッチラインそばからのPGも見事に成功。以前は秩父宮でのゴール成功率が他の競技場よりも低く、「秩父宮の風は読みにくい」と話していると何かで読んだ記憶があるが、トップリーグ3年目で秩父宮での試合経験も増え、そんな苦手意識は払拭されているのだろう。

IMG_6658

この日は、そろそろ師走の声も聞こうというのに、19時30分からの試合。ずいぶん寒くなるだろうと、数日前に懐炉を買いこんだのだが、予想に反して20度近くまで上がりそうだという予報。さすがに試合後半は寒かったが、まずまず快適な観戦日和(夜だから「日和」じゃないか)だった。

翌日の11月29日が「いい肉の日」だということで、「ボーイ ミート ガール」なる企画で、秩父宮の前には、いくつかの肉料理の屋台が出ている。夕食は採っていたが、あまりによいにおいがするので、1000円の神戸牛の串焼き…は見送って、六本木にある格之進と言う店のハンバーグを400円で購入。大変おいしゅうございました。秩父宮の売店の食べ物は高いので、こういう企画を随時やってくれると嬉しいのだが。

IMG_6661

試合は、雨でもなく(夕方降ったようで、観客席は濡れていたが)、特に風が強いようでもなかったが、どうも両チームとも、高いキックを落とす場面が目立った。イーグルスは、開始直後に狙われたPGは外れたものの、4分にトライを奪われ0対5。その後は両チーム得点なく進み、前半中盤に両チームのPGで3対8。しかし、三友の2本のPGで9対8と逆転したイーグルス。前半終わり近くに、ボールを持った原田季郎とシャイニングアークスの選手2名がゴールになだれ込み、テレビジョンマッチオフィシャル(TMO)。トライは阻まれたように見えたが、その前に妨害があったということで、認定トライ。しかも、シャイニングアークスの選手は、イエローカードでシンビン(10分間の退場)。16対8で前半を終えた。

後半も、双方PGの後、三友の3PGで28対11。シャイニングアークスは、スクラムやラックでの反則が多く、そこでPGを選択して得点を稼ぐイーグルス。対するシャイニングアークスのエルトン=ヤンチースは、失敗もあったものの、ほぼ中央からのPGを決めたりしていたのだが、その足を使う機会が少なかった。さらに、シャイニングアークスがイーグルスの防御を破って抜けそうになる場面が何度かあったのだが、イーグルスがすばやく戻って防ぎ、トライを許さなかった。

イーグルスは終盤、自陣ゴール近くでボールをとり返して、原田が80m近く走りぬけてトライ!追ってきたシャイニングアークスの選手が、トライして倒れている原田にようやく追い付き、「おまえ、速すぎるよ」という感じでもたれかかっていたのが、なんだか微笑ましかった。これで35対11となり、この得点でノーサイドとなった。

イーグルスは、ラインアウトの失敗が多かったためか、早い時点でフッカーの山本貢が交替したほかは、残り10分を切るまで交代なし。後半は頻繁に選手を替えたシャイニングアークスに対し、そこでも選手の力が感じられた。

次節は12月6日(土)12時00分から駒沢陸上競技場でのヤマハ発動機ジュビロ戦です。

IMG_6662
先進は上着の裾を出しており、なんだか家にいるときのジャージみたい。

 

2014.11.09

地方球場でプロ野球を見よう!(2015年)

この記事も7年目。

来年は交流戦が3試合×6球団の18試合となり、その代りにリーグ内の試合が増えて25試合×5球団の125試合。合計143試合で、今年より1試合減ることになった。

2015年 セ・パ公式戦試合日程(日本野球機構オフィシャルサイト)

4月14日(火) 松山 S-C
4月15日(水) 松山 S-C
4月16日(木) 大宮 L-E
4月21日(火) 前橋 G-C
4月22日(水) 宇都宮 G-C
5月 9日(土) 秋田 S-D
  新潟 DB-G
5月10日(日) 秋田 S-D
  新潟 DB-G
5月12日(火) 平塚 DB-D
5月19日(火) 浜松 D-C
5月20日(水) 豊橋 D-C
5月26日(火) 郡山 G-L
  尾道 C-M
6月23日(火) 旭川 F-M
  郡山 E-Bs
  大宮 L-H
  岐阜 D-S
  長野 C-T
6月24日(水) 旭川 F-M
  山形 E-Bs
  富山 C-T
6月26日(金) 静岡 S-G
6月27日(土) 静岡 S-G
6月30日(火) 函館 F-Bs
  那覇 DB-D
7月 1日(水) 那覇 DB-D
7月 7日(火) 倉敷 T-D
7月 8日(水) 三次 C-DB
7月14日(火) 帯広 F-H
7月15日(水) 帯広 F-H
7月28日(火) 秋田 E-H
  京都 Bs-F
  松山 G-DB
7月29日(水) 盛岡 E-H
8月 4日(火) 福島 S-G
8月18日(火) 大宮 L-E
9月 1日(火) 富山 G-S
9月 2日(水) 金沢 G-S
9月 8日(火) 旭川 F-H

全部で40試合は、昨年より3減。2012年の53試合から、3年連続の減少である。

開催される球場は、

帯広(2)
旭川(3)
函館

秋田(3)
盛岡
山形
福島
郡山(2)

宇都宮
前橋
大宮(3)
平塚

新潟(2)
富山(2)
金沢
長野
静岡(2)
浜松
豊橋
岐阜

京都

倉敷
尾道
三次

松山(3)

那覇(2)

の26球場で、対前年3減。

2014年に試合がなかったのは、

福島
京都
尾道

の3球場。福島・尾道は2年ぶり。それぞれ、2009年以降では隔年で開催されている。京都は5年ぶり。

逆に、2014年にあった試合が無くなったのは、

いわき
ひたちなか
米子

宮崎
鹿児島

の6球場。北九州と熊本の復活もなく、九州は沖縄を除き、地方開催が無くなってしまった。

球団別では

6 (2増)
Bs 4 (1増)
7 (1減)
3 (2増)
4 (6減)
6 (1減)
   
11 (2減)
3 (1減)
10 (2増)
9 (3増)
DB 7 (6減)
10 (1増)

と、ライオンズとベイスターズが大幅減。特にライオンズの4試合中3試合は埼玉県の大宮なので、旭川に2試合引き出された(?)マリーンズに匹敵する「出不精」球団となった。

【過去の記事】
地方球場でプロ野球を見よう!(2014年)
地方球場でプロ野球を見よう!(2013年)
地方球場でプロ野球を見よう(2012年)
地方球場でプロ野球を見よう!(2011年版)
地方球場でプロ野球を見よう!(2010年版)
来年のパリーグ試合日程が発表

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ